お子様がスノーボードをはじめ、続ける気持ちがあるなら安物3点セットはやめましょう‼️

娘の桜ちゃんは、6歳からスノーボードを始めました。現在はキッカーでスピンができるほどまでに成長。1回だけですが、愛知クエストでバック・サイド720をメイクするほどまでに♫

スノーボードが上手になるためには、当然練習が必要となります。でもね、最重要なのは”良い道具”を使うこと。正直、良い道具は高いです。ネット通販で売っている、ボード+バインディング+ブーツ3点セットの3〜5倍はします(10万円〜)。

桜ちゃんなんて、雪山ゲレンデ用にNovember KD 125cm、マットジャンプ施設の愛知クエスト用にSCOOTER 125cm、室内人工雪ゲレンデのスノーヴァ羽島用にYONEX StyleKids 110cm(SCOOTER 125cmを購入予定…でも予算が)と、国産メジャー・ブランドを3本も利用しています。ちなみに、ウォーター・ジャンプは水に浸かって劣化するのが早いから、ネット通販の安物。それらプラスで、Fluxのバインディング(1つを使いまわしています)とBurtonのブーツ。さらに、スノーボード・ウェア。しめて、20万円くらい…😭

最初からこんなに揃えてくださいということではありません。ただ、スノーボードを続け、上手くなったら競技にも参加させてあげたいなという気持ちがあるなら、最初の1セットから良い道具を与えてあげて欲しいということです。

桜ちゃんがスノーボードをはじめるとき、続けるかどうか怪しかったのでパンダボード(プラスチック製でバインディングの代わりに紐)を購入。たった1回使って終了。なぜなら、親バカ丸出しですが『プロになれるのでは⁉️』と思わせるほど良い感じで、普通のスノーボード・セットを買ってあげようとその場で思ったから。で、買ったのがネット通販の3点セット…😞

最初に買ったのが、スノーボード3点セットでボードはロシニョール120cm。ロシニョールは歴史もあり、スキーでも有名な老舗ブランドです。ただ、スノーボードはあまり人気がないけど…。知名度があるからコレにしましたが、今思えばバインディングとブーツがゴミでした。どちらもフニャフニャでホールド感が全く無し。さらに、長さが120cmと、当時の桜ちゃんには長過ぎたので、謎のブランドSPOON 110cmとこれまた謎のブランドJOYRIDEのバインディング2点セットを購入。ちなみに、愛知クエストでは2020年10月までこの道具を使っていました。雪山では現在スノーヴァ羽島で使っているYONEX StyleKids 110cmを2019/20シーズンの途中から使用。

そんな道具を使用してよくここまでレベル・アップしてくれたものです。と同時に、最初から良い道具を使っていたら…というやるせない気持ちが😞

実際、全ての道具をメジャー・ブランドに変更してから、板は走るし、ターンにキレが出てきました。さらに、180しか回せなかったものが、いきなりフロント・サイド540やバック・サイド720を回したりするし(成功率は低い)。『道具って大切だぁ!』と思い知らされましたね。

高価なスノーボード・セットを買ったのに、お子様に続ける意思がなければ非常にもったいない。ということで、スノーボード・セットをレンタルするのもオススメです。まずはレンタルで試し、お子様がスノーボードを好きになったら良いスノーボード・セットを買ってあげてください。くれぐれも、早まって安物3点セットを購入しないでくださいね。特にブーツ とバインディング。ちなみに、ブーツ 4足(内新品2足)が無駄になりました😭

じゃあ、どのブランドが良いのか?当然の疑問ですね。ということで次回はキッズ&ジュニア向けのスノーボード・ブランドについてお話しします。

コメントは受け付けていません。