スケートボードの種類

現在、スケートボードの種類は大きく分けると3つあります。

ストリート

ストリートとは、一般的なスケートボードのことで、一番よく目にするものです。また、ショーとスケートと呼ぶこともあります。

機能性に優れ、飛んだり、回転したり、さまざまなトリックをすることが可能です。オリンピックの種目にも選ばれ、さらに人気が高まっています。

デメリットといえば、足の裏が滑らないようにデッキテープを貼るのですが、これが紙ヤスリと同じで目が粗いので、すぐにパンツ、シューズを傷つけてしまいます。また、滑走音が大きいため、苦情の原因にもなります。

ロングスケート

ロングスケートは名前の通り長さがあるスケートボードです。100cmを超える大きさで、サーフィンやスノーボードのオフトレとして使うことが多いようです。

ロングサイズのため、安定した滑走ができるので、初心者の方にも比較的優しめです。もちろん、上級者はロングボードでもオーリーやフリップ、その他回転系のトリックをしています。

デメリットとしては、長くて持ち運びがたいへん。また、需要が少ないのか値段が高め。

クルーザー

クルーザーは、一般的にはストリートより若干長めのサイズのスケートボード。ウィール(車輪)が大きめなので、ストリートよりもスピードが出しやすいですね。

乗りこなせるようになれば、ちょっとしたお出かけにも。サーフィンのオフトレで利用している人もたくさんいます。

あまりトリック向けのスケートボードではないので、オーリー、ショービット、フリップなどがしたい人には向かないですね。

危険物の性質と消火
危険物の6分類と性状
・第1類の性質・状態は、「酸化性」「燃えない」「固体」
・第2類の性質・状態は、「可燃性」「固体」
・第3類の性質・状態は、「自然発火」「禁水性」「固体または液体」
・第4類の性質・状態は、「引火性」「液体」
・第5類の性質・状態は、「自己反応性」「固体または液体」
・第6類の性質・状態は、「酸化性」「燃えない」「液体」
危険物には「気体」はない

第4類の共通する性質と取扱い
・すべて蒸気は空気より「重い」。蒸気比重は1より「大きい」という。
・水より「軽い」ものが多く、比重(液比重)は1より「小さい」
・水に溶けないものは、電気の「不良導体」で「静電気」を発生しやすく「蓄積」しやすい
・静電気は、湿度が「低い」ほど発生する。静電気が蓄積すると「火花放電」して「点火源」となる。静電気を逃すためには「接地」する
・容器は「密栓」して、上部に「空間を残して」保存する
・「低所」に残った蒸気を換気扇により「高所」から外へ排出する
・アルコール・「有機溶剤」に溶ける

第4類の例外的な性質
・水に溶ける第4類は、アのつくもの・「酸化プロピレン」・「酢酸」など
・水より重い第4類は、「二硫化炭素」・「氷酢酸(酢酸)」・「グリセリン」など

第4類の7分類と主な特性
特殊引火物:
・特殊引火物とは、「ジエチルエーテル」「二硫化炭素」のほか、1気圧において、「発火点」100℃以下のものまたは「引火点」が-20℃以下で「沸点」が40℃以下のものである。指定数量は、「50リットル」、「危険等級I」
・ジエチルエーテルは、日光の空気に接触すると「過酸化物」を生じ、加熱・衝撃等で「爆発」の危険がある
・二硫化炭素は、水より「重く」、「水中貯蔵」する。引火点は「-30℃以下」で、発火点は「90℃」。燃焼範囲は、「1~50%」である
・アセトアルデヒドは、「水に溶ける」。熱または光によって分解して、「炭酸ガス」と「水」になる
・「酸化プロピレン」は、重合する性質があり、水に溶ける

第1石油類:
・第1石油類は、「アセトン」「ガソリン」のほか、1気圧において、引火点が「21℃未満」のもの。指定数量「200リットル」で、水溶性では2倍の「400リットル」。「危険等級II」。
・自動車用ガソリンは、「オレンジ」色に着色されている。引火点は、「-40℃以下」で、発火点は「300℃」。燃焼範囲は「1.4~7.6%」。
・アセトンは水に溶ける。「ベンゼン」「トルエン」(蒸気は有毒)「ピリジン」「メチルエチルケトン」などがある。

第2石油類:
・第2石油類は、「灯油」「軽油」のほか、1気圧において引火点が「21℃以上70℃未満」のもので、指定数量は「1000リットル」で、水溶性は2倍の「2000リットル」。「危険等級III」。
・灯油は、引火点が「40℃以上」で、発火点は「220℃」。別名「ケロシン」。
・軽油は「淡黄色」「淡褐色」で、引火点は「45℃以上」。
・氷酢酸は水に溶けて、「水より重い」。
・「キシレン」(3種の異性体がある。)「クロロベンゼン」「ギ酸」など。

第3石油類:
第3石油類は、「重油」「クレオソート油」のほか、1気圧において、引火点が「70℃以上200℃未満」のもので、指定数量は「2000リットル」で、水溶性は2倍の「4000リットル」。
・重油は、燃えはじめると「消火」が困難。発火点は「250℃以上」。A、B、Cの種類があり、引火点も違う。
・クレオソート油は、黄色・暗緑色で、「水より重い」。
・グリセリン・エチルグリコールは、「水に溶け」、「水より重い」。
・ニトロベンゼンは、「水より重い」。

第4石油類:
・第4石油類は、「ギヤー油」「シリンダー油」のほか、1気圧において、引火点が「200℃以上250℃未満」で、指定数量は「6000リットル」。
・第4石油類には、他に「タービン油」「モータ油」がある。

アルコール類:
・アルコール類とは、1分子を構成する炭素の原子数が水に溶ける「1~3個」までの「飽和一価」アルコールをいい、指定数量は「400リットル」で、「毛県等級II」。
・アルコール類には、メチルアルコール(「毒性が強く」、引火点が「11℃」)とエチルアルコール(無毒で、引火点が「13℃」)などがある。
・アルコールを水で希釈すると、「蒸気圧は低くなり、「引火点は高くなる。

動植物油類:
・動植物油類とは、動物の脂肉等または植物の種子もしくは果肉から抽出したもの。1気圧において「引火点が250℃未満」で、指定数量は「10,000リットル」。
・「ヨウ素価130以上の乾性油」(アマニ油・キリ油)は、「酸化熱で自然発火」する。

火災予防・消火の方法
・第4類に不適当な消火剤は、「水」と「棒状の強化液」。
・消火剤 A級・・・「普通火災用」で色は「白色」
B級・・・「油火災用」で色は「黄色」
C級・・・「電気火災用」で色は「青色」
消火剤の種類:
水は、気化熱(蒸発熱)・「比熱」が大きい、また、「冷却効果」に優れている。
強化液は、水に炭酸カリウムを加えた水溶液で、「霧状」にすれば「抑制効果(負触媒作用)」により、油火災・電気火災にも適用する。
泡は、空気を遮断して「窒息消化」する。水に溶ける危険物には、「水溶性液体用泡(耐アルコール泡)消火剤」を使う。理由は、普通泡では泡がつぶれるから。
二酸化炭素は、「窒息効果」があるが、酸欠による「窒息死」のおそれがある。
ハロゲン化物は、放射されると蒸発し、不燃性ガスとなって燃焼物を覆う。「窒息作用」「抑制作用(負触媒作用)」がある。
粉末は、リン酸塩類粉末(「ABC消火剤」)といい、「窒息作用・抑制作用」がある。

基礎物理・化学
物質の分類:
・単体には、「酸素(O2)」、水素(H2)、炭素(C)、「硫黄(S)」、「窒素(N2)」、ナトリウム(Na)がある。
・化合物には、水(H2O)、「塩化ナトリウム(NaCl)、「エチルアルコール(C2H5OH)」、二酸化炭素(CO2)、硝酸(HNO3)などがある。
・混合物(物理変化)には、「空気」、「食塩水」、「ガソリン」、灯油、軽油、重油などがある。

物質の変化(化学変化)
・化学変化には、「酸化」、「燃焼」、化合、分解、重合、還元、中和などがある。

物質の燃焼
・燃焼の三要素は、「可燃物」+「酸素供給源」+「点火源」であり、どれか1つを取り除けば消火できる。
・燃焼の定義・・・燃焼とは、「熱」と「光」の発生を伴う「酸化反応」である。
・酸化反応は、「酸素が増える」反応。還元反応は、「酸素が減る」反応。2つ合わせて、「酸化還元反応」という。
・炭素が完全燃焼すると「二酸化炭素(CO2)」ができる。不完全燃焼すると「一酸化炭素(CO:毒・可燃物)」が発生する。

燃焼の仕方
・蒸発燃焼とは、可燃性液体の液面から蒸発する「可燃性蒸気」が空気と混合して燃えること。第4類はすべてこの燃焼。
・分解燃焼とは、熱分解して発生する「可燃性ガス」が先に燃焼するもの。「木材」、「石炭」、プラスチックなど。
・表面燃焼とは、固体のまま表面で燃焼するもの。「木炭」、「コークス」など。
・内部(自己)燃焼とは、「酸素」を含んでいる物質が含有する「酸素」で燃焼する。「セルロイド」、ニトロセルロースなど。
・引火点とは、可燃性液体が空気中で引火するのに十分な「濃度の蒸気」を液面上に発生するときの「最低の液温」をいう。
・発火点とは、空気中で可燃物を加熱した場合、「炎・火花」を近づけなくても自ら燃えだすときの「最低の液温」をいう。
・「燃焼範囲」とは、空気中において燃焼することができる可燃性蒸気の濃度範囲のことをいう。

物質の三態(物理変化)
・固体から液体に変化することを「融解」。
・液体から固体に変化することを「凝固」。
・液体から気体に変化することを「蒸発(気化)」。
・気体から液体に変化することを「凝縮(液化)」。
・固体から気体に変化することを「昇華」。
・気体から固体に変化することを「昇華」。
・「潮解」とは、固体が空気中の「水分を吸収」して、自ら溶ける現象。
・「風解」とは、固体の水分が蒸発して「粉末状」になる現象。

熱の吸収・放出(物理変化)
・固体の氷は、熱を「吸収」して水になる。
・気体の水蒸気は、熱を「放出」して水になる。
・0℃の固体の氷を0℃の水に変えるための熱を「潜熱」という。
・同じ温度で状態変化させるための熱を「潜熱」。
・物体の温度変化に必要な熱を「顕熱」。
・沸点とは、液体の「飽和蒸気圧」と「外圧」とが等しくなるときの液温。
・沸点は、「加圧すると高く」なり、「減圧すると低く」なる。

水比重と蒸気比重
・標準の水の比重は1で「4℃」のときが一番大きい。
・標準の空気の比重は1で、第4類の蒸気比重は「すべて1以上」で「空気より重い」。

比熱と熱量
・比熱cは、「物質1g」の温度を「1K(1℃)」だけ上昇するのに必要な熱量のこと。
・熱容量Cは、「ある物体」の温度を1K(1℃)だけ上昇するのに必要な熱量のこと。
 →式・・・熱容量C=「比熱 c」×「質量 m」
・熱量[J]=「比熱」[J/g・K]×重さ[g]×「温度差」[K]

熱の移動と膨張
・熱の移動には「伝導」(熱が高温部から低温部へ伝わる現象)、「対流」(液体と気体に起こる)、「放射(輻射)」(熱が直接当たった面に伝わる現象)がある。
・ボイル・シャルルの法則
 → (P・V)/T=(P’・V’)/T’ P:圧力、V:体積、T:温度(-273℃=0K)
・ガソリンの膨張計算は、膨張分=体積×体膨張率×「温度差」

静電気
・静電気は、電気の「不導体(絶縁体)」に「帯電」する。「湿度」が低いとき「摩擦」が大きいときに蓄積する。また、送油作業では、静電気を発生させないために「流速」を小さく、ゆっくりと行う。

水素イオン指数(pH)
・「水素イオン指数(pH)」は、酸性(リトマス紙赤変)1 → 中性7 → アルカリ性または塩基(リトマス紙青変)14で表される。酸は青色のリトマス紙を「赤色」に着色し、アルカリ性(塩基)は赤色のリトマス紙を「青色」にする。
・イオン化傾向は、金属が陽イオンになろうとする性質で、一番イオンになりやすいのは「カリウム」。

・イオン化傾向(陽イオンになりやすい順番)
 → K Ca Na Mg AI Zn Fe Ni Sn Pb(H) Cu Hg Ag Pt Au
   「貸そう か な、ま あ あ て に す る な ひ ど す ぎ る 借 金」

危険物の関係法令①
危険物取扱者(免状):
・危険物取扱者(免状)とは・・・危険物取扱者試験に合格し、「都道府県知事」から免状の交付を受けた者。免状には、「甲種」「乙種」「丙種」の3種類がある。
・危険物作業に従事するときは、免状は「携帯」する。
・危険物の取扱は、危険物取扱者が行う。危険物取扱者以外の者が取扱うときは、危険物取扱者が立ち会って行うが、「丙種は立会」ができない。
・甲種は、全類扱えて、危険物保安監督者に選任される条件は「実務経験6ヶ月以上」必要。
・乙種は、指定された類が扱えて、危険物保安監督者に選任される条件は「実務経験6ヶ月以上」必要。
・丙種は、「ガソリン」、「灯油」、「軽油」、第3石油類のうち重油、潤滑油及び引火点が130以上のものに限る。第4石油類及び動植物油類の取扱いができる。ただし、立会はできない。

手続の種類:
・免状の交付は「都道府県知事」。
・書換えは、免状の記載事項に変更が生じたとき(氏名、本籍地、写真が「10年」経過したとき)、交付地、居住地又は勤務地の都道府県知事が行う。
・再交付は、免状を忘失、汚損、破損等のとき、「交付又は書換え」をした都道府県知事が行う。
・再交付忘失した免状を発見したときは、「10日以内」に「再交付」を受けた都道府県知事に発見した免状を提出すること。
・免状返納して「1年」経過しない者や、罰金以上の刑で、その執行を終わってから「2年」経過しない者には、免状は交付されない。
・保安講習は、危険物作業に従事しているときに、「3年に1回」受講しなければならない。危険物作業に従事していないときは、受講しなくてよい。従事しだして「1年以内」に保安講習を受ける。あとは「3年に1回」でよい。

“スケートボードの種類” への12件の返信

  1. intimate here are my photos. Nick Dipassy69/ You are very beautiful and hot, fuck me in all holes) https://asya.page.link/njhx より:

    Hey there ! Looking for some fun to get into? Me too! Let’s get to know each other on a much more personal level
    https://asya.page.link/fJML

  2. Instagram、YouTube関連の裏技を取り揃えてみました。
    今では企業・個人様にとってSNSは欠かせない存在となっております。
    是非、下記のサービスをお役立て下さい。

    500円~サービスをおこなっております。

    【Instagram】
    フォロワー増加
    いいね!増加
    動画再生増加
    IGTV動画再生増加

    【YouTube】
    再生回数増加

    WEBサイトはこちら
    https://instagram.stores.jp/

    SNS TOKYO事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。