ドローン規制対応のHoly Stone HS200 を購入!

前々から興味があったドローン

あまりにも多くの種類が販売されており、どのドローンを購入するべきか分からなかったし、ドローン規制が施行されたためドローンを飛ばす場所で困惑していたこともあり、なかなか購入には至りませんでした。

久しぶりに『ドローン』というキーワードでGoogleで検索してみると、小型のトイドローンがたくさんヒット。しかも値段が安い!

さっそくドローン規制に対応している200g以下のドローンをチェック。何種類もの候補があがりましたが、静止画・動画の撮影が可能で、口コミ評価が高いものを選んだ結果、この『Holy Stone HS200』を購入することとなりました。

Holy Stone HS200 は赤色で見た目もシャープでかっこいいですし、何よりスマートフォンと対応してリアルタイム撮影ができるのが素晴らしい。

Holy Stone HS200 の特徴

  1. 商品の特徴:高度維持
  2. FPV生中継 スマホで操作可能
  3. ワンキーリターン フリップ ヘッドレスモード
  4. Holy Stone保障:詳しい日本語説明書付き&日本国内認証済
  5. 機体重量:116g  本体サイズ:31*31cm
  6. 操縦可能距離:約50-100m
  7. セット内容:本体*1、リモコン*1、モバイルバッテリー*1、USBケーブル*1、予備プロペラ*4、4GBメモリーカード*1、バッテリー*1、ドライバー*1、日本語説明書*1、保護カバー*1、モバイルスタンド*1
  8. 注意: 1.予備バッテリーを使う時、モータが壊れないように10分位休ませてから再使用してください。 2.バッテリーを交換する時、コードを引っ張らずコネクターを持ち取り外してください。 3.初心者の場合、急上昇を避けるためにスロットルをゆっくり上げてください。

まず、上記の1番目の機能「高度維持」。この機能はドローンの飛行している高さを一定に保ってくれる機能なのですが、この機能が無いドローンを操縦したことがないですが、あるとないとでは操作のし易さが違うのが容易にわかると思います。

2番目の「FPV生中継・スマホで操作可能」。スマートフォンで操作ができるドローンでないと、ラジコンのヘリコプターと変わらないような気がしますね。

3番目の「ワンキーリターン・フリップ・ヘッドレスモード」は、「ワンキーリターン」はなかなか良い機能と思います。これはボタンを押すことで操縦者のもとへドローンが戻ってくるというものです。「フリップ」はボタン一つの操作でバク転(?)などのアクロバティックな動きができるというもので、イマイチ必要性が分からない機能です。「ヘッドレスモード」は初心者向きの機能で、通常ドローンの操作はドローン視点で行われるのですが、この機能は操縦者視点で操作するというもの。非常に分かりにくい説明ですね。つまり、ドローンが自分自身に向かって飛んでくる場合、左へ移動したい場合はコントローラーを右に倒す必要があります。また自分に向かって飛んでくる場合は、コントローラーを上に倒す必要があります。しかし、ヘッドレスモードを使用するとこれが逆になります。左へ移動したい場合はコントローラーを左へ、自分に向かって飛ばしたい場合はコントローラーを下へといった具合。操縦者視点で前後左右の操作ができるので、機体が反対向いているときに混乱することがなくなります。ですが、通常モードでもなれたら問題がないので、この機能が必要かどうかは疑問です。あと、機体が斜めを向いていたらどんな反応になるのでしょうかね?

「Holy Stone保障:詳しい日本語説明書付き&日本国内認証済」。・・・ペラペラでしたけど、まあ、操作する分には十分です。

「機体重量:116g  本体サイズ:31*31cm」。本体の大きさは31cmなので小さくはないですが、機体重量は116gと、とても軽量です。もちろん200g以下なのでドローン規制もばっちり。

「操縦可能距離:約50-100m」。まあ、トイドローンなのでこれだけの操作可能距離があれば練習には十分ですね。

「モータが壊れないように10分位休ませてから再使用」。これけっこう重要です。トイドローンとはいえ精密機械。やっぱり熱には弱いので、きちんと熱を冷ましてから使用しましょうね。

また、私がこのHoly Stone HS200 の購入をした理由の一つは、コントロールが「モード2」であること。モード2ですと、上下移動(スロットル)が左側で、前後移動(エレベーター)が右側での操作となります。つまり「モード1」とは逆。左右回転(ラダー)や左右移動(エルロン)は同じ。ただ、モード1は日本国内では主流なので、日本でドローンスクールなどへ参加する場合は少しとまどうかもしれません。私のように独学でドローンを学んでいこうという人ならば、モード2をおすすめします。なぜなら、ドローン業界は海外のが進んでおり、その海外での主流なのがモード2だからです。というものの、慣れてしまえばどっちでもできますけど。