雪不足だったのか・・・?

 「雪不足・・・」と言われた2018/2019年の雪山。でも、私たちは、ゴールデンウィークまでは、何とか滑ることができました。しかも、そのころでさえも、長野近辺では雪が降っていたらしいし。

 まあ、北海道が壊滅的で、東北は大雪といった感じで、地域によってかなり違いがあったみたいですね。実際、家から1時間半くらいのスキー場は4月上旬まで営業していましたが、その近くにある土日でも混雑しないローカル色の強いスキー場は、たった2日の営業でした。キッカーもジブもないなだらかな地形のスキー場ですが、土日でも駐車場が無料でチケットも安く、全く混雑しないのがとても良いところなのに・・・。シーズン2日の営業って、日本最短記録じゃないのかな~。市町村か自治体かが管理しているスキー場だからやっていけるのでしょうが、一般企業なら倒産しちゃいますよね。

 3月以降は岐阜県にある奥美濃のスキー場に行くのですが、3月ころはかなり雪が少なく「こりゃ~、4月はダメかな~。」とも思っていたのですが、後半にチラホラ雪が降り、なんとか4月上旬まで営業してくれました。実際、スキー場のスタッフの方たちも「こんなに雪が少ないのは、過去はじめてですね。雪かきしなくていいから楽だけど・・・」とおっしゃってました。

 今年の夏も去年のように暑くなりそうだけど、せめて冬は寒くなって雪がたくさん降ってほしいです。雪国に住んでいてもスキー・スノーボードをしない方々にとっては、邪魔くさいかもしれませんが。

コメントは受け付けていません。